最新情報

NEWS


サン・プリンセス日本発着クルーズ客船上で
東北復興支援「チャリティー・ウォーク」開催決定!

2013年3月11日

来月4月27日から日本発着クルーズを開始するサン・プリンセス(77,000トン、乗客定員2,022人)の船上で、チャリティー・イベントの開催が決定した。乗船客は船内のプロムナード・デッキで行われる「チャリティー・ウォーク」への参加により、東日本大震災で深刻な被害を受けた子どもたちに学びの場を与えるサポートができる。

「チャリティー・ウォーク」は、船の外周デッキで大海原を眺めながら3kmウォーキングするもので、サン・プリンセスの 日本発着クルーズ全9本で行われる。参加者には、プリンセス・クルーズから達成記念のリストバンドがプレゼントされるほか、飲み物とスナックのサービスもある。

参加費(1人15USドル)は、宮城県女川町と岩手県大槌町で、津波で勉強する場所や道具が流された子どもたちの学習支援と心のケアを行う放課後学校「コラボ・スクール」を運営している特定非営利活動法人NPO カタリバ に全額寄付される。全9クルーズ終了後、乗船客の参加費の総額とともに、その同額が、プリンセス・クルーズの慈善団体であるプリンセス財団からも寄付される。

プリンセス・クルーズ社のエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント、ジャン・スワーツは、「サン・プリンセスの初めての日本発着クルーズで、東北復興支援の機会を提供できることを非常に嬉しく思う。2つの町では、震災で甚大な被害をうけ、子どもたちが学びの場を失ったと聞いている。このチャリティー・ウォークにより、被災地の子どもたちが学習を続ける手助けができればと望んでいる。」と述べた。

プリンセス・クルーズは、世界的なクルーズ会社として過去最大規模で日本市場への配船を決定、4~7月の3か月間、横浜発と神戸発の7コース9航海、「日本の美」再発見のクルーズを運航する。

お問合せはカーニバル・ジャパンまで
TEL: 03-3573-3610
http://princesscruises.jp

当ウェブサイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、
お客様はCookieの使用に同意することになります。詳細は個人情報保護方針をご覧ください。

同意する