その他のアメリカ・カナダ

OTHER COUNTRIES


シアトル(アメリカ)

カナダの国境から180キロほど南に位置するシアトルは、北海道より北にありながら地形と海流の関係で比較的温暖な気候に恵まれ、真夏でも25度、真冬でも0度を下回ることはありません。オリンピック山系、レーニエ山などに囲まれた入り江と湖のある美しい景観の都市です。

※シアトルのオプショナルツアーはシアトルに下船後宿泊するお客様及び、シアトル空港を下船日の午後~夕刻に出発する方が対象です。

シアトル(アメリカ)

主な見どころ

①パイク・プレイス・マーケット

世界でも有名なフライフィッシュの名所、パイク・プレイス・マーケットは、西海岸で最も古い屋外マーケットで、芸術家や地元農家、漁師たちが何百もの店を出し、賑わっています。

②スペース・ニードル

シアトル・センター内にあり、1962年の万国博覧会を機に建設されたものです。高さ181メートルにある展望台からは、エメラルドシティーの自然美を眺めることができます。

③パイオニア・スクエア

ダウンタウンの南東にあるシアトル発祥の地域です。1889年の大火の後、再建され、美しく修復された建築物などが至るところにあります。

④ワイン・テイスティング

ダウンタウンから30分弱のところにあるウッデンビルには、70以上のワイナリーがあります。それぞれのワイナリーで試飲を楽しむこともできます。

⑤ボーイングフューチャーフライト航空センター

北ヨーロッパで唯一、商業ジェット飛行機の組み立て工場を見ることができる施設で、フライト力学や航空革新を学ぶことができ、ボーイング社の舞台裏が見られます。

⑥インターナショナル地区

シアトルでも古い地域のひとつで、深い歴史と文化が残る国際的なエリア。美味しいレストランや個性的なお店など、多国籍な雰囲気を楽しめます。


ビクトリア(カナダ)

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアは、バンクーバー島の南端に位置する英国調の街。1843年、ハドソン・ベイ・カンパニーのジェームズ・ダグラスにより築かれ、当初フォート・ビクトリアと呼ばれていましたが、1848年にバンクーバー島は英国植民地となり、ビクトリアはその中心地となりました。1858年、ビクトリアは特別地区となり、フレーザー川金鉱へ向かう2万5千人の探鉱者の基地となりました。1868年、バンクーバー島がブリティッシュ・コロンビア本土に編入され、ビクトリアは州都となりました。この街では暖流の影響で、比較的温暖な海洋性気候のため、今ではリタイアした人々が好んで住み、優雅な生活を送っています。

ビクトリア(カナダ)

主な見どころ

①ブッチャート・ガーデン

ビクトリアで最も人気がある植物園で、25ヘクタールの敷地には花々が咲き誇り、迷路のような小道には、噴水や優雅な葉飾り、ブロンズ像があります。

②フェアモント・エンプレスホテル

インナー・ハーバーに建つカナダ国定史跡。ビクトリアで最も古く有名なホテルのひとつで、街のシンボルとなっています。

③ビーコン・ヒル公園

55ヘクタールもある緑豊かな公園の敷地内は、人々だけでなく、野生生物、鳥たちにとっても憩いの場で、造形と自然の美がうまく溶け込んでいます。

④ビクトリア・バタフライ・ガーデン

敷地面積0.11ヘクタール。熱帯の楽園のように蝶が自由に飛び回っています。庭園内には貴重な鳥類や鯉が泳ぐ池、息をのむジャングルの木々などがあります。

⑤クレイダーロック城

カナダ国定史跡であるビクトリア様式のお城で、1887~1890年の間に建てられました。修復されたお城では、アンティークの展示や散策が楽しめます。

⑥ビクトリア・パブ

パブはゆったり楽しくお酒を飲める人気の場所で、ビクトリアのダウンタウンには数多くあります。伝統的英国式でありながらカナダの雰囲気も楽しめます。


その他のアメリカ・カナダ

  • ※英語サイトへリンクします。

シンボルマークのご案内

健脚レベル
低
観光バス、列車等によるツアー。
平地での短い距離の歩行を伴います。
中
左記よりアクティブなツアーです。
階段の上り下りや舗装されていない道での歩行などを含みます。
高
さらに活動的なツアーです。
ハイキングなどを含みます。
体力に自信のある方にのみおすすめします。
車いす
車椅子
観光バス、列車等によるツアー。
平地での短い距離の歩行を伴います。
車椅子 一部可
左記よりアクティブなツアーです。
階段の上り下りや舗装されていない道での歩行などを含みます。
食事
食事付き
食事付きのツアーです。
スナック(軽食)、飲み物
スナック(軽食)、飲み物などがツアーに含まれます。
ショッピング
ショッピング
ツアー中にショッピングの時間をお取りします。