重要なお知らせ

INFORMATION


プリンセス・クルーズ、運航中止期間を2020年夏季シーズン終了まで延長

2020年05月07日

 プリンセス・クルーズは、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大に伴い、米国疾病予防管理センター(CDC)からの最新の通達を受け、 2020年6月30日まで保有する18隻の客船の運航中止を発表しておりましたが、航空便の制限や 世界規模の港閉鎖、旅行に影響を与えるその他の要因などの状況を鑑み、運航中止期間を2020年夏季シーズン終了まで延長し、以下のクルーズと関連するクルーズツアーの中止を決定しました。  

 ダイヤモンド・プリンセスの日本発着クルーズについては2020年10月1日出発分までは中止、2020年10月中旬以降の日本発着クルーズの運航については、 再度状況を慎重に検討の上、決定させていただきます。

・ 2020年10月1日発まで(M029-M035A)の日本発着クルーズ (ダイヤモンド・プリンセス)
・ 2020年出発の全てのアラスカクルーズ (エメラルド・プリンセスとルビー・プリンセスを含む全てのコース)
・ 2020年出発の全てのヨーロッパクルーズと大西洋横断クルーズ(エンチャンテッド・プリンセス、リーガル・プ
  リンセス、スカイ・プリンセス、クラウン・プリンセス、アイランド・プリンセス)
・ 2020年7月18日発までのカリブ海クルーズ (カリビアン・プリンセス)
・ 2020年出発の全てのカナダ・ニューイングランドクルーズ (カリビアン・プリンセス、スカイ・プリンセス)
・ 2020年8月29日発までのオーストラリア発着クルーズ (サファイア・プリンセス、シー・プリンセス)
・ 2020年7月出発の台湾発着クルーズ (マジェスティック・プリンセス)
・ 2020年11月24日発までのハワイと仏領ポリネシアクルーズ (パシフィック・プリンセス)  

  プリンセス・クルーズ社長、ジャン・スワーツは次のように述べています。
「世界中で旅行再開の準備を進めている中、健康と安全は私たちにとって最優先事項である一方、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による世界的な運航中止期間延長の発表およびお客様のクルーズ計画をキャンセルしていただかなくてはならないことを大変残念に思います。航空会社の運航制限や、人気の高い港の閉鎖が現在も続いており、従業員やビジネスパートナー、世界中の訪問する国や地域の生活に与える影響を考えると言葉もありません」。

 2020年夏季シーズン以降に出発するクルーズにおいては、既に発表済みのクルーズ日程に基づき、全18隻の運航再開時期は異なる場合があります。2020年10月中旬以降の日本発着クルーズの運航については、再度状況を慎重に検討の上、決定させていただきます。 

 この運航中止に伴う手続きの詳細については、お申込みの旅行会社へお問い合わせください。

※ 米国ウェブサイト(https://www.princess.com/)に記載の旅行条件や取消料規定の内容については、米国でのお申し込みの場合となり、日本の旅行会社経由でお申し込みの場合と条件が異なります。

以上