東北・北陸

TOHOKU - HOKURIKU


青森

青森港は、津軽半島と下北半島に抱えられるように陸奥湾の奥に位置する天然の良港です。
8月に行われるねぶた祭りは東北三大祭りのひとつ。実際に使用されたねぶたを展示する施設もあり、開催時以外も祭りの迫力を感じることができます。
港のシンボルは、高さ76 メートル、地上15 階建ての正三角形のビル、青森県観光物産館アスパム。物産の展示販売だけでなく、県内の観光情報も発信しています。
縄文時代の遺跡では最大級といわれる三内丸山遺跡、弘前、十和田湖、奥入瀬渓谷、八甲田山、そして世界自然遺産の白神山地など、みちのく青森は見どころ満載。お寿司をはじめ、山海の幸を使った地元料理もぜひこの機会にご堪能ください。

青森

主な見どころ

①弘前城

石垣の上に建つ17世紀の封建時代の城で、3つの壮麗な屋根を有する塔と堀、 5つの門を特徴とします。春には2,500本以上の桜が咲き誇ります。

②津軽藩ねぷた村

実物大のねぷたの山車を見学したり、太鼓を叩いたりできる体験型の施設です。日本庭園や手工芸品のワークショップ、伝統音楽の生演奏も楽しめます。

③立佞武多の館(たちねぷたのやかた)

立佞武多の館では、有名な3つのねぷたの山車の展示が見られます。それぞれ高さは22メートル、重さは17トンにもなります。

④津軽金山焼

青森は銅色の焼き物で知られています。ここでは、窯やギャラリーだけでなく、様々な作品の展示も見られます。敷地内にはカフェやガーデンもあります。

⑤八甲田山

青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山のひとつ。この美しい山脈は、成層火山と溶岩ドームでできており、その景観はハイカーにも大変人気です。

⑥十和田湖

十和田八幡平国立公園の中に佇む二重カルデラ湖で、古代の森の丘に囲まれた自然のワンダーランドです。湖水標高400メートル、 最深部は中湖の378メートル、透明度は20メートルを誇ります。昭和11年、国立公園に指定されました。

⑦ねぶたの家ワ・ラッセ

武士や人気キャラクターを模したランタンが通りを練り歩くねぶた祭り。この施設の見どころは、そのねぶた展示です。

⑧奥入瀬渓流

十和田湖の子ノ口から焼山までの約14キロの清流。豊かな樹木や十数か所の滝、千変万化の美しい流れや様々な奇岩・奇勝が見事な渓流美を作り出しており、四季折々の自然美を堪能できます。

⑨白神山地

1993年に世界遺産に登録された白神山地は、青森県の南西部から秋田県北西部にかけて広がっています。人為的な影響をほとんど受けていない世界最大級のブナ原生林があり、多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれています。


秋田

秋田港にそびえるポートタワー・セリオンには地上100メートルの展望室があり、ここからの秋田市街や男鹿半島、鳥海山の眺望は最高です。日本海に突き出した男鹿半島では、民俗行事として知られるなまはげの文化に触れられるほか、なだらかな稜線が穏やかな印象を与える寒風山、男鹿温泉など豊かな自然に癒やされます。
港からバスで約25 分の秋田駅からは、秋田新幹線などで「みちのくの小京都」と呼ばれる角館にアクセスできます。江戸時代の面影を残す城下町の魅力を味わってください。

主な見どころ

①田沢湖

秋田県の中東部、仙北市にある淡水湖。直径は約6キロの円形、最大深度423.4メートルで日本一深い湖です。深い湖水に差し込んだ太陽光は、水深に応じて湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩ると言われています。

②角館武家屋敷

江戸時代初期から城下町として栄え、今もなお藩政時代の面影を残す武家屋敷が数多く現存することから「みちのくの小京都」と呼ばれています。年間約200万人が訪れる東北でも有数の観光地として広く知られています。

③秋田市立赤レンガ郷土館

旧秋田銀行の本店として1912年に完成した赤れんが館をメインに、新館、収蔵庫及び少し離れたところにある分館、秋田市民俗芸能伝承館から成ります。 館内では、建物に関する資料や秋田市の伝統工芸品などを展示しています。

④寒風山

男鹿半島にある標高355メートルの山。大半が芝生に覆われたなだらかな山容は、日本でも有数の美しさを誇っています。山頂からの眺めも素晴らしく、回転展望台はおよそ13分間で一周し、日本海、白神山地、鳥海山と360度のパノラマを楽しむことができます。

⑤酒蔵

「美酒王国」と異名をとる秋田では、おいしい日本酒を造る酒蔵が39もあり、創業百年以上の蔵元が25蔵を数えます。米どころとして原料米の確保が容易で、水にも恵まれるなど好条件であったため県内に多くの酒造業が興りました。


伏木富山

世界遺産五箇山集落・白川郷に足を延ばせば、美しい緑の山あいに建つ合掌造り集落に出会えます。国宝・瑞龍寺や立山黒部アルペンルート観光も人気です。

伏木富山

主な見どころ

①兼六園

すぐれた景観の要素「六勝」を兼ね備えていることからその名がつけられた兼六園は、日本三名園のひとつです。園内には草木に縁どられた池や小川、滝、橋や茶室など、加賀の歴代藩主が造り上げた絶景が楽しめます。

②近江町市場

金沢市民の台所、近江町市場には魚や青果などの生鮮食品を中心に約170もの店が集まっています。アーケードの下に軒を連ねる活気あふれる店舗をめぐりながら、金沢の食文化に触れることができます。

③瑞龍寺

加賀藩三代藩主の前田利常が江戸初期に創建した曹洞宗のお寺で、禅宗独自の建築様式で知られます。山門、仏殿、法堂が国宝に指定されています。

④ますのすしミュージアム

富山のご当地グルメの代表格、鱒寿司の歴史は江戸時代にまでさかのぼります。館内では鱒寿司の歴史や製法が紹介され、ガラス越しに職人さんの手さばきを眺めることができます。

⑤立山黒部アルペンルート

富山県立山と長野県大町を結ぶルートは、北アルプスの山々と黒部渓谷の絶景が展開し、息をつく間もないほどです。3000メートル級の峰が連なる山岳風景から雪の壁が続く「雪の大谷」まで、見どころは尽きません。

⑥五箇山・白川郷

岐阜県の白川郷と富山県にある五箇山は、周囲の自然に調和した歴史的な合掌造りの家屋が残る集落で知られ、ユネスコの世界遺産に登録されています。

シンボルマークのご案内

健脚レベル
低
観光バス、列車等によるツアー。
平地での短い距離の歩行を伴います。
中
左記よりアクティブなツアーです。
階段の上り下りや舗装されていない道での歩行などを含みます。
高
さらに活動的なツアーです。
ハイキングなどを含みます。
体力に自信のある方にのみおすすめします。
車いす
車椅子
観光バス、列車等によるツアー。
平地での短い距離の歩行を伴います。
車椅子 一部可
左記よりアクティブなツアーです。
階段の上り下りや舗装されていない道での歩行などを含みます。
食事
食事付き
食事付きのツアーです。
スナック(軽食)、飲み物
スナック(軽食)、飲み物などがツアーに含まれます。
ショッピング
ショッピング
ツアー中にショッピングの時間をお取りします。